初めてカラコンを購入するのだったら

以前は、なんの注意喚起もなく、どこでも買えたカラコンですが、目を傷める人が続出して、「医療機器承認番号」がない販売店は販売できなくなりました。

 

「医療機器承認番号」があることを確認してから購入するようにしましょう。

 

製造メーカーも医療機器承認番号を受けていれば、医療用の工場で作られているコンタクトです。

 

また初めて購入する人は、やはり眼科医で検査を受けたほうがいいでしょう。

 

眼科医で直接カラコンを購入する事もできますが、おしゃれが目的の場合、あまり気に入ったものはないと思います。

 

とりあえず、カラコンをつけたいので、見てくださいと言えば、検査してもらえます。

 

目の検査をしてもらって、、処方箋をもらっておくことだけはしておきましょう。

 

コンタクトの度数は、視力の数字とは関係ありませんので、度ありを購入する場合はちゃんと調べてから買いましょう。

 

またコンタクトのつけ方についてちゃんと教えてもらってきましょう。

 

費用はだいたい2000円で済みます。

 

カラコン販売店には、提携している眼科医などがあり、そこで検査してもらって、直ぐ帰るところもあります。

 

検査してもらって、なんら問題がない場合は、そのあとは通販サイトで、「医療機器承認番号」があるところで購入すれば問題ないでしょう。

 

ただし、一番の問題は使い方にありますので、衛生面では十分に注してください。

 

つける時は、殺菌用の石鹸で手首までよく洗ってから、カラコンに触れましょう。

 

ワンデーカラコンの場合は、外した後は捨てるだけで大丈夫ですが、使用期間があってサイド使用するものは、保管や手入れがとても重要になります。

関連ページ

カラコンの含水率と、目の乾きの関係
カラコンに表示されている含水率と目の乾きの関係について
BC(ベースカーブ)とは
カラコンでよく表示されているBC(ベースカーブ)について、どんな意味があるのかまとめています。
カラコンの製造方法にも注意しよう
カラコンにはキャストモールド製法サンドイッチ製法スピンキャスト製法の3つの製造方法があり。それぞれメリットデメリットなどがあり、選ぶときに注意新ければいけません。