キャストモールド製法とセミキャストモールド製法

キャストモールド製法

 

キャストモールド製法というのは、現在カラコンの製造方ほとしては主流になっている製造方法なのです。

 

カラコンを作る素材と一緒に、カラーを流し込んで一緒に固めるという製法なの。

 

この製法であれば、カラーがカラコンの表面に着色されているわけではないから、色落ちして、目の中に残る心配がなくなります。

 

出来上がったコンタクトにカラーを塗ると当然その分厚みができてしまうので、最初から着色料も入れて固めたほうが、より薄いカラコンが作れるというわけです。

 

つまりキャストモールド製法は直接目の組織に着色料が密着する恐れがなく、着色料が剥げて目の中に残るというリスクを軽減させてくれるので、より安心な製法といえるでしょう。

 

また、薄く作れるということは、それだけ空気を通しやすくなるという事にもなりますから、その点においてもより優れているといえますね。

 

セミキャストモールド製法

 

さらに、より安全性を高めた製法として、セミキャストモールド製法というものが出てきました。

 

セミキャストモールド製法というのは、着色料がさらに、目に触れる可能性をなくすために、特殊なポリマー素材でおおってしまう製法です。

 

素材を挟むようにつくるサンドイッチ製法の良さを付け加えたような製法です。

サンドイッチ製法とは

キャストモールド製法とならんで、もう一つの主流となっているカラコンの製造方法でサンドイッチ製法というものがあります。

 

これも、出来上がったコンタクトの上に着色するのではなく、製造過程で着色する部分を入れてしまうという製法です。

 

カラコンの着色料がおちて、目を傷める原因となることから、キャストモールド製法やサンドイッチ製法がより目の安全にとって安心な製法として生まれたわけですが、

 

このサンドイッチ製法は、その命名からもわかるように、カラコン素材を3重構造にしてはさんで作る製法です。

 

レンズ素材をサンドイッチのパンの部分として、その具を着色料として、はさんで作るのです。

 

こうすることによって、まったく着色料の部分が表に出ることはないので、目に触れる心配がないというわけです。

 

キャストモールド製法よりもより完全に着色料と目の組織との接触を遮断できるということになりますね。

 

ただし、3重構造にする分、どうしても厚みはでてしまいますから、その点が弱点となるといえます。

 

厚みがあるという事は、空気を投資にくくなり、瞳が酸素不足になりやすいという点と、付け心地が少し良くないという事につながります。

 

それでも技術の進歩で、より薄くできるようになってきているので、安全性の面では評価が高いため、カラコン選びの選択肢の1つです。

スピンキャスト製法とは

スピンキャスト製法はまだあまり使われていない製法のようですが、新たな製造方法として注目はされているようです。

 

カラコンの練武部分にあたる透明の素材を、回転している製造機に流し込んで、その遠心力で円形になったところに着色料を流し込むという製造方法です。

 

キャスト製法の1つで、出来上がったコンタクトレンズに着色するのではなく、製造過程で着色していることで、着色料がとれて、目を傷める心配をなくす製法です。

 

メリットは、おそらく効率よく、円形に、そして滑らかに製造することができるので、コストダウンにつながるという点ではないかと思います。

 

ただし、デザインの工程が複雑なものはまだ作りにくそうです。

 

一部、機械の能力、精度が低い場合に、着色料がにじみ出てしまうこともあるようで、粗悪品が出る場合もあるようです。

 

ただし、製造過程での粗悪品が出る確率が少し高くなるという程度で、検品作業で、不良品は除かれていきますので、普通はそれが消費者の元まで届くことはありませんから、スピンキャスト製法で作られたものが危険ということはありません。

 

他のメリットとして、遠心力で作り出すので、表面がとてもなめらかで、薄くできるので、付け心地に違和感がなく、ごろごろ感もないということです。

 

ただし、強度の面では、サンドイッチ製法と比べ劣ってしまうようです。

 

関連ページ

カラコンの含水率と、目の乾きの関係
カラコンに表示されている含水率と目の乾きの関係について
初めてのカラコン購入方法
初めてカラコンを購入する場合に必要な知識についてのまとめ
BC(ベースカーブ)とは
カラコンでよく表示されているBC(ベースカーブ)について、どんな意味があるのかまとめています。