ベースカーブとは

ベースカーブというのは、製造されているカラコンの球の度合いを示す数値です。

数字が大きいほどこの球形度合いが緩やかで、小さいほどきついという事になります。

 

多くのカラコン商品は、BC8.7となっていると思いますが、一般的な湾曲はこの数値であるようです。

 

ただ、人によって、眼球の球の湾曲度合いが違いますので、あまりにあわないと、眼球が傷つく恐れがありますので、注意してください。

 

眼科では専用測定器があって、測ってくれます。市販のBC8.7で、ずれるようでしたら、眼科医でカーブに最適なレンズを処方してもらう必要があります。

 

度無を買う人も、ずれるようだったら、眼科医でしらべてもらうほうがいいと思います。

 

眼科医でも、度無カラコンは取り寄せてもらえるようです。

 

カラコンの場合は、BC8.7しかない場合が多いのですが、ソフトレンズ、特にワンデーカラコンなどでしたら、薄くで柔らかいので、その前後のカーブであれば、フィットするとおもいますが、

 

違和感があったり、ずれるようだと、かなりカーブが異なっている可能性がありますから、注意してください。

関連ページ

カラコンの含水率と、目の乾きの関係
カラコンに表示されている含水率と目の乾きの関係について
初めてのカラコン購入方法
初めてカラコンを購入する場合に必要な知識についてのまとめ
カラコンの製造方法にも注意しよう
カラコンにはキャストモールド製法サンドイッチ製法スピンキャスト製法の3つの製造方法があり。それぞれメリットデメリットなどがあり、選ぶときに注意新ければいけません。